世界遺産登録15周年記念講座 「高野山の年中行事 御影供(みえく)について」

           ~弘法大師空海と共にある高野山と周辺集落~

ダミー写真(大)
高野山の年中行事 御影供(みえく)とは

真言宗の開祖弘法大師空海は835年3月21日に入定(にゅうじょう)しました。この入定の日に行う法会を「御影供」といい、真言宗では大師の恩恵への感謝を表すために御影(みえい)=おすがたをかざり、法要を行います。3月21日の入定の日に行う法要を正御影供(しょうみえく)、3月以外の月の21日に行う法要を月並御影供(つきなみみえく)と呼んでいます。旧暦の3月21日の旧正御影供といい、前夜祭である、御逮夜(おたいや)には伽藍境内に花とろうそくを供え、年に一度しか内拝することができない御影堂内で御影に手を合わすことができます。また周辺集落では、今から95年ほど前までは、御影供に高野山に向け歩く人に、お茶やおにぎりのお接待をしていました。今回、髙井住職には、高野山での御影供の法要についてと、地域のお接待についてお話を伺います。

日時:令和2年2月8日(土) 13:30~16:00

場所:かつらぎ町総合文化会館「あじさいホール」AVホール

    和歌山県伊都郡かつらぎ町丁ノ町2454番地

    JR和歌山線妙寺駅より徒歩18分

    京奈和自動車道紀北かつらぎICより5分

参加費:500円(資料代)

定員:200名(当日参加も可能です)

主催:かつらぎ町観光協会

共催:高野七口再生保存会、FMはしもと株式会社

講師:高野山 準別格本山青巌寺 住職 髙井知弘氏

 高野山真言宗・総本山金剛峯寺が主催する各講習会や高野山学の講師を務めています。コミュニティエフエム「FMはしもと」にて、「ラジオ寺子屋・高野山」パーソナリティを担当。高野山に造詣が深く、高野山の魅力発信にも積極的に取り組み、インスタグラムのフォロワーは6000人、ツイッターは8000人を超えています。

申込方法:FAX、Eメールまたは電話にて、お名前、連絡先をお知らせください。

申込先:かつらぎ町観光協会(かつらぎ町役場 産業観光課 商工観光係内)

  〒649-7192 和歌山県伊都郡かつらぎ町丁ノ町2160

  TEL:0736-22-0300(かつらぎ町役場代表番号・平日8:30~17:15)

  FAX:0736-22-6432

  Eメール:sankan-syoukoukankou@town.katsuragi.wakayama.jp

チラシ(PDF)のダウンロードはこちら

c 橋本・伊都広域観光協議会. All Rights Reserved.